「スカルプDボーテ】と「レヴール(ピンク)」を徹底比較!

アンファー:スカルプDボーテ

ご存じスカルプシャンプーの元祖。スカルプシャンプーの代表的商品ということで値段が高いものの売れているそうです。

レヴール:スカルプシャンプー

1.5秒に1本売れているノンシリコンシャンプーの急先鋒。髪や頭皮のアンチエイジングに取り組みはじめる30代半ばの方におすすめ。


ここ最近は、レヴールのほうが売れているようです。

スカルプシャンプーというと、これまでスカルプDが断トツでしたが、値段が安いレヴールが登場して以来、押され気味なんだとか。値段の違いほど効果に差を感じないということで レヴールに乗り換える人も多いということです。

シャンプーの香りを邪魔しない無香料が人気! クチコミNO.1の女性用育毛剤

もっと知りたい!スカルプシャンプーについて。

アミノ酸系 高級アルコール系 せっけん系
特徴 アミノ酸から作られた洗浄成分を使用。頭皮への負担が少なく、薄毛対策シャンプー向け 石油系界面活性剤を洗浄成分として使用。市販の安価なシャンプーのほとんどはこのタイプ 脂肪酸Naなどから作られた洗浄成分を使用。汚れはよく落ちるが石けんカスが残りやすい
洗浄力・刺激 やや弱い・低刺激 高い・刺激が強い 高い・刺激は弱い
頭皮との適正 乾燥した頭皮や頭皮トラブルのある人向け オイリーな頭皮向け ややオイリーな頭皮向け
適正 アレルギー体質の方や敏感肌の人におすすめ。弱酸性だとなおおすすめ。 刺激が強いので地肌に残るとトラブルの可能性あり。肌の弱い人は×。 髪の長い人はパサつきやきしみを誘発しやすいので不向き。

※参照:シャンプー選びのコツ

薄毛・抜け毛対策におけるシャンプーの役割とは?

抜け毛予防は頭皮を清潔にして頭皮環境を整えることが第一歩です。そのための手段として役立つのがスカルプシャンプー。頭皮の汚れや皮脂を洗い落とすことで 頭皮を清潔に保ち、必要なうるおいを残してあげることで、頭皮環境を良くすることができます。 現在、スカルプシャンプーといえば、「弱酸性のアミノ酸系+ノンシリコン」の条件を兼ね備えているものが主流です。

シャンプーだけでは、薄毛・抜け毛対策にはなりません。

シャンプーだけでは、薄毛・抜け毛対策にはなりません。

シャンプーの育毛ケアにおける役割というのはお話したように頭皮環境を清潔に保つことです。ただ、それだけでは髪や太く強くなりませんし、弱った毛根が活性されることはありません。


そのため、さらにプラスアルファとして頭皮の血流を改善してくれたり、髪の毛を作る毛母細胞を活性化してくれる有効成分を頭皮に補給しないといけません。


その役割を果たすのが育毛剤です。


正直にいうと「弱酸性のアミノ酸系+ノンシリコン」という頭皮に負担がかからない低刺激で洗浄力が強すぎないものであればシャンプーはなんでもいいです。


髪のハリやコシ、ボリュームを回復させるためにより重要度が高いのは育毛剤のほうです。そのためお金をかけるのならシャンプーではなく、育毛剤にしたほうが薄毛・抜け毛対策にとっては投資効率がいいはずです。

今一番人気のある女性用のおすすめの育毛剤は?

今一番人気のある女性用のおすすめの育毛剤は?

女性用育毛剤は今やたくさんありますが、使った人の評判が一番いいのはマイナチュレという商品。「某口コミコスメサイトで連続上位獲得!」と宣伝されているので知っている人も多いはず。


 天然由来成分で無添加だから、乾燥・敏感肌でも安心して使える。
 香りがなく、使いやすいし、周囲にバレない。
 サラサラのテクスチャで浸透する感じが気持ちいい。


といった特徴があるマイナチュレですが、一番の魅力は無香料という点。育毛剤のいかにもというニオイがありませんし、生薬・漢方系のニオイもないので育毛剤を使っていることはまずバレません。


また、シャンプーやヘアフレグランスの香りを消してしまうこともないので普段のヘアケアの楽しみを邪魔されることもないです。 容器のデザインも育毛剤に見えないので、家族バレすることもないんじゃないでしょうか。


通販限定の商品ですが、「シャンプーはお店で買えても育毛剤となるとちょっと....」という人は多いと思うので逆にその点は通販のほうが便利です。 有効成分や体験者の声などは公式サイトにたっぷり掲載されているのでぜひチェックしてみてください。人気があるのも納得の品質です。


他の女性用育毛剤との圧倒的な差! マイナチュレの5つのポイント
Copyright © 2013 スカルプDボーテとレヴール(スカルプ)、薄毛にはどっちがいいの?· All Rights Reserved·